事故車を売るときに気を付けること

遠慮をしない

事故車を査定してもらう時に大事なことは、遠慮をしないことです。
事故車を売却する場合、大抵の人は「事故車だから安く買取されるだろう」と最初から諦めているケースが多いです。
そのため、金額がいくらであっても交渉をしないという人が大半です。
しかし、これは非常に勿体無い行為なので、事故車でも積極的に交渉を行いましょう。

事故車は確かに評価が低くなりますが、だからといって売れないという訳ではありません。
専門店で査定してもらえば、高額査定を引き出すことだって可能です。
そんな可能性があるのにも関わらず、最初から諦めているとそこを営業マンに利用されてしまいます。
営業マンは、ユーザーの顔色や仕草、言動をチェックしながら査定額を決定するので、自信が無いユーザーには本来よりも低い査定額を提示することが多いです。
これに気付かずに買取を成立させてしまうと数万円~数十万円という大金を損することになります。
損をしないためにも事故車だから仕方が無いという弱気な気持ちを見せずに積極的に交渉に挑みましょう。
そうすることによって、最初の査定額から数万円アップさせることも可能です。

ただ、ディーラーや普通の買取店だと事故車の交渉をしても意味がないので、行うのであれば専門店です。

 

Page top