事故車を売るときに気を付けること

事故車だと告げる

事故車だと評価が一気に下がってしまうので、査定の時に黙っておきたいと思うかもしれませんが、それだけは絶対に止めてください。
必ず事故車だということを査定士に伝えるようにしてください。
確かに黙っていればバレずに普通の車として買取してもらえるかもしれません。
しかし、それをしてしまうと大変なトラブルを引き起こす要因になりかねません。

そもそも事故車かどうかは、普通の査定士であれば見抜くことができます。
よほど経験の無い査定士ではない限り、嘘をついてもすぐにバレてしまうので、最初から申告するようにしましょう。
仮に嘘をついてバレてしまった場合、査定士からの印象が悪くなります。
そうすると他にも隠していることがあるかもしれないと思われてしまい、通常よりも査定が厳しくなります。
その結果、大幅な減額になるケースも決して珍しくありません。

また、そのままバレずに買取が成立しても、後々事故車だとバレてしまうこともあります。
そうなってしまうと返金請求をされたり、場合によっては裁判沙汰になる可能性も考えられます。
ちょっとしたことが大きな問題に発展しまうので、トラブルを起こさないためにも、高く売るためにも必ず事故車だと告げるようにしましょう。

 

Page top