事故車とは?

事故車だという思い込みは査定に大きく響く

車の知識に疎い人だと自分の車を事故車だと思い込んでいる場合があります。
事故車というのは、事故を起こした車という意味ではなく、車の安全性に関わるフレーム部分の修理・交換を行った車のことをいいます。
つまり、事故を起こしただけでは、事故車に該当しないということです。
もし、自分の車が事故車に該当するのか分からないという人は、フレーム部分の修理・交換があったのかどうかを確認してください。

そして、事故車だと思い込んだまま査定に挑むと大きな損をすることになります。
事故車の場合、トラブルを防止するためにも、きちんと車買取店側に申告しないといけません。
しかし、そこで事故車でも無いのに事故車だと申告してしまうと営業マンはそのまま査定を行ってしまい、本来の査定額よりも大幅に下げられる可能性があります。
経験豊富で性格の良い営業マンであれば、事故車ではないと教えてくれるかもしれませんが、全員が全員そういった人ではありません。
事故車ではないことを知っていて、あえて事故車扱いにする人もいるので、気をつけないといけません。
こういった事態を防ぐためにも、本当に自分の車が事故車かどうかを事前に確認しておきましょう。
事故車かどうかで、大きく査定額が変わってくるので、注意してください。

 

Page top