事故車とは?

事故車とは?

みなさんが抱いている事故車とは、どんなものなのですか?
事故を起こした車は全て事故車だと思っていませんか?
実は、事故車とはそういった意味ではありません。
事故を起こしても事故車の定義に該当しなければ、事故車と呼ばれることはありません。
そして、正確には事故車ではなく、修復歴車という名称が正しいです。

事故車の定義は、「フレーム部分の修理・交換をした車」です。
例えば、事故を起こしてフレーム部分が破損してしまい、修理や交換をしたという場合は、事故車になります。
また、事故を起こして車が見るも無残な姿になっても、フレーム部分に損傷がなく、修理・交換をしなくて済んだ場合は事故車ではありません。
このように事故車かどうかは、車のフレーム部分が大きく関係しています。

車のフレームが破損してしまうと走行に大きな影響を与えてしまいます。
事故車だとハンドル操作が思うようにいかない場合がありますし、走行中に急に故障してしまう危険もあります。
安全性に欠けるため、一般的に事故車は中古車市場での評価が低く、人気がありません。
そのため、買取してもらおうと思っても、査定額が低く、思ったような金額にならないことが多いです。
事故車の売却を考えている人は、本来の査定額よりは、確実に下がるということを理解しておきましょう。

 

Page top